活性酸素とは

活性酸素は、人間の身体を細菌から保護する役割がありますが、体内で増加しすぎると細胞や器官を参加させてしまいます。身体が酸化してしまうと、シミやしわが増え、生活習慣病発症の原因となることもあります。

活性水素水の働き

活性酸素は活性水素と結びつくことで、化学反応が起こり、体外に排出されていきます。

ということは、活性水素水を飲むことで、体内の活性酸素をスムーズに除去することができるのです。水道水や一般のミネラルウォーターは、酸化水と呼ばれており、この酸化水には活性酸素が含まれています。酸化水を飲み続けると、身体の各器官や細胞が酸化していき、細胞の老化が早まってしまいます。

活性水素水にはどのような効能があるのか

活性水素水には、胃腸内の発行を改善する効果があることが厚生労働省からも認められています。そのため、活性水素水を飲むことで便臭を消すことができます。

活性水素水は、腸内の活性酸素を除去し、腸内環境を整える作用を持っています。これにより、腸内の老廃物もスムーズに除去できるため、様々な病気を予防することにつながります。

活性水素水を飲むことで、老化が進んでしまった細胞を若返らせることができます。

過酸化水素は2種類以上の元素から成り立つ物質です。
過酸化水素の水溶液は、飲用するものではなく、酸化剤、殺菌剤、漂白剤などに利用されます。

過酸化水素水の特徴

過酸化水素水は、常温では、無色透明の弱酸性の液体で、水に比べ粘性が高くなっています。過酸化水素水は、オゾンのような臭いを発し、酸素を大量に発生させます。

また、強い酸化力を持つ「ヒドロキシラジカル」を生成しやすいという特徴があります。

ヒドロキシルラジカルとは

ヒドロキシルラジカルとは、活性酸素の中でも、反応性も酸化力も最も強い物質です。

ヒドロキシルラジカルは、糖、タンパク質、脂質など様々な物質と反応し、結合しますが、反応性が非常に高いため、通常は長時間存在し続けることが不可能で、いったん生成されると短時間のうちに消滅するという特徴があります。

過酸化水素水に関する注意点

過酸化水素は活性酸素のひとつとなっています。かなり強力な腐食性を持つ物質であるため、濃度が高い過酸化水素が肌についてしまうと、肌トラブルを起こし、痛みを伴うことがあります。

また、過酸化水素が可燃物と結びつくと、過酸化物が発生し、発火する場合がありますので注意が必要です。